右派弁護士の備忘録

世界文化に対する過去の日本人の態度は、自主的にして而も包容的であつた。我等が世界に貢献することは、たゞ日本人たるの道を弥々発揮することによつてのみなされる。国民は、国家の大本としての不易な国体と、古今に一貫し中外に施して悖らざる皇国の道とによつて、維れ新たなる日本を益々生成発展せしめ、以て弥々天壌無窮の皇運を扶翼し奉らねばならぬ。これ、我等国民の使命である。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

帝国憲法改正について

◆憲法改正案 (乙案)
第一条
(A案)(第一条)日本国ハ万世一系ノ天皇「統治権」ヲ総攬シ「此ノ憲法ノ条規」ニ依リ之ヲ行フ
(第四条)削除

(B案)(第一条)日本国ノ「統治権」ハ万世一系ノ天皇之ヲ総攬シ「此ノ憲法ノ条規」ニ依リ之ヲ行フ
(第四条)削除

(C案)(第一条)日本国ハ君主国トシ万世一系ノ天皇ヲ以テ君主トス
(第○条)天皇ハ「統治権」ヲ総攬シ「此ノ憲法ノ条規」ニ依リ之ヲ行フ

(D案)(第一条) 日本国ハ万世一系ノ天皇之ニ君臨ス
(第○条)天皇ハ「此ノ憲法ノ条規」ニ依リ「統治権」ヲ行フ

◆佐々木惣一先生改正案
1から4条は,護持。5条を追加。

天皇「統治権」ヲ行フハ「万民ノ翼賛」ヲ以テス
「万民ノ翼賛」ハ「此ノ憲法ノ定ムル所ノ方法」ニ依ル

◆私見
「君臨すれども統治せず」を表現したいのであれば,乙案のD案が優れている。もっとも,日本国では「統治すれども親裁せず」(南出喜久治先生)という原則だと考えると,佐々木惣一先生案がよいであろう。そもそも,帝国憲法第1条の「統治ス」は,井上毅の案では「シラス」となっていた。二千年来の歴史を有する天皇の地位を,たかだか数百年の歴史しかない「憲法」で表現することは不可能なのだ。だから,井上毅は「シラス」という古語を利用した。ただ,私は,憲法などというのは近代の産物だと割り切って,古語ではなく「統治」という概念を使用したほうが賢明だと思う。

 思うに,日本においては,「天皇が摂政・関白・征夷大将軍に政治・統治を委任する。」という形式の国体を維持してきた。これを現在の民主政治に当てはめると,「天皇が内閣総理大臣に統治を委任する(=任命がこれに該当する。)。」という形式をとるべきことになる。また,前述のとおり,天皇は単独で統治(=親裁)したりしないので,臣下の「翼賛」,「協賛」,「輔弼」等が必要となる。結局,佐々木惣一先生の案が良いと思う。

 理論的に言えば,以下のとおり。
①日本国の「統治権」は,天皇に「帰属」している(究極的には,天壌無窮の神勅に遡る。)。
②①の統治権の「行使」は,天皇が之を行う。
③②の統治権の「行使」は,「万民ノ翼賛」に基づく必要がある(南出喜久治先生がいうところの,「統治すれども親裁せず」の原則。天皇は,非常事態(例えば,大東亜戦争の終戦のご聖断はこれに該当する。)を除いて原則として「万民ノ翼賛」(例えば,法律案の作成・提出)に従って統治権を行使(例えば,立法権の行使)するのが慣習(=不文の憲法)である。)。
④「万民ノ翼賛」の「方法」は,憲法が之を定める(議会の議決,大臣の副署等)。

※補足:「主権」なる概念は全面的に排斥する
 ここで問題となるのが,「主権」という概念をどうするかである。一般的教科書によれば,「国民主権」には,「正当性の契機(=正当化原理)」と「権力的契機(=憲法制定権力)」の意味があるとされている。しかし,前者については,「天皇の権威=民のためという公の権威」であるから(日本においては,西洋のように「国王のため≠民のため」という発想はない。),「天皇主権」としても全然問題ない。また,後者については,そもそも,国民が憲法を制定するといっても(又は改正するといっても),全国民の一致等あり得ず,「特定の国民」(=通常は,選挙で選出された代表者,又は,国民投票での「多数決」)の意思に基づいて憲法制定権力は行使されるのであるから,「権力的契機」といっても,その内実は「民主政治(=要するに「国民の多数決」)」に過ぎない。民主政治を採用するのであれば,「主権」という意味不明な概念を持ち込む必要はない。思うに,「国民主権」は,実際は「多数決」に過ぎないのに,「国民全員で決める。」と幻想を抱かせるマジック・ワードであり,意味が不明であるにとどまらず,有害ですらある。
よって,全面的に排斥する。要するに,「万民ノ翼賛」の「方法」として「民主政治」が設けられていればよいのである。「国民主権だ!」等と絶叫する必要は全くない。そもそも,「国民主権」なる概念は,「国王主権=国王が絶対的権力を有する。=王権神授説」を前提としたうえで,国民が,国王をギロチンにかけ,国王から「主権=絶対的権力」を取り上げた,つまり,「国民が絶対的権力を有する。」とする野蛮な発想から生まれたものであって,我が国の君民共治の美風にそぐわない。そもそも,「絶対的権力」など認めないのが「立憲主義」=「法の支配」であって,国民主権は,立憲主義=法の支配を破壊するに至る,有害な理論なのである。
スポンサーサイト

PageTop

井上孚麿

「思い出の一つ」

「本稿が出来て,配布も完了してからのことであったが,GHQからプレスコードなるものを送って来た。それによると,これから出版するものは勿論,すでに出版したものであっても,出版物は,すべて届け出るようにとのことであった。それで手許に残っておったものを提出した。提出はしたけれど,いつ迄待っても何の音沙汰もない。その頃は葉山に仮寓中であったので子供を二・三度も取り戻しにやったけれども,一向要領を得ぬので,自分で出かけて行った。場所は第一ホテルの西北,第一生命の東北,戦時は関東配電かの建物の二階かであったと思う。出て来たのは,所謂二世であったと思う。国語で苦労せずに話せたから。肩章は中尉であったと思う。
 提出した本の二・三倍の分厚さの紙に横文字で書いたものも,原本に重ねて来たところを見ると,兎に角一応は翻訳して見たらしい。彼曰く。『司令官は憲法を改正せよといっておるのに,この本では改正を必要とせぬと主張しておるので,占領政策違反だから,発行を禁止する』。それに『ポツダム宣言を誤解しておるから不都合だ』とのこと。
 答えて曰く。『司令官は改正せよといっては居らぬ。改正問題に就いては,日本側の自由にする。それで日本人は何でも自由に発言せよといっておる。それだから余の発言を占領政策違反というのは当らぬ。それからポツダム宣言の解釈が間違っておるのは,どこどこか承りたい。これからも余は,機会ある毎にポツダム宣言はこうこうだというつもりだから,間違ったことをいってはすまぬから。』といったら『どこもかも間違っておるから,どこそこと指摘するわけには行かぬ』ということであった。最後に『その本は返して貰いたい。手許には一冊もないから』といったら『発行禁止になったものを返すわけには行かぬ』と,これは尤も至極のことをいった。余はそのまま引き下がった。」

(井上孚麿『井上孚麿憲法論集』(神社新報社,1979)337-338頁)現代仮名遣いで引用。


占領憲法有効論のペテン学者は,
このような言論統制下でなされた憲法改正について,
多くの国民が支持したなどという戯言を弄する。
全く馬鹿馬鹿しい。
又,当時は,公職追放が荒れ狂っていた。

それでも有効というなら,それでもいい。こちらとしては,自衛隊にクーデターを起こしてもらい,所謂護憲勢力の出版物は発禁処分とし,サヨクは公職追放した上で,憲法改正してやる。
占領憲法有効説の皆様方の理論に従えば,このような憲法改正も有効となる。それは違うと言うなら,ただのダブルスタンダードの卑怯者ということ。



PageTop

大石義雄

“大日本帝国憲法は,現憲法から見れば旧憲法である。しかし,社会は刻々として変る。占領目的達成の手段として作らされた憲法も,いつまでもつづくといふわけにはゆかないのであり,いつかは変らなければならないだらう。その時は,大日本帝国憲法の根本精神が新憲法の名においてよみがへって来るだらう。この意味において,大日本帝国憲法はこれからの日本の進路を示す光として今も生きているのである。”
大石義雄「跋文」明治神宮編『大日本帝国憲法制定史』(サンケイ出版,1980)878頁

PageTop

児島襄

“(前略)「大日本帝国憲法」の作成と制定の主導権は日本側にあったし,内容も日本特有の「天皇制」を土台にしていた。その意味では,「大日本帝国憲法」はいわば“和魂洋才”的な性格であり,(中略),完全な“洋魂洋才”の「日本国憲法」とは,性格がちがっている。松本烝治国務相,佐々木惣一博士をはじめ,当時,憲法改正にたずさわった日本側関係者が,ひとしく心底に抱き,やがて総司令部草案に反撥したのも,この憲法における“和魂”が無視された点にあった。“
児島襄「史録 日本国憲法」(文藝春秋,S47)377頁以下

PageTop

小山常美

“仮に,暴力革命やクーデターで政権交代が行なわれ,新しい憲法が制定されたとしても,この無法な憲法に対して,「日本国憲法」は論理的に対抗できないことに注目されたい。(中略)いや,それどころではない。「日本国憲法」を有効と位置づけているならば,外国との戦争に再び敗れて再び憲法を押し付けられても,その憲法を拒否することはできなくなるのである”
小山常美『「日本国憲法」無効論』(草思社,2002)247頁

PageTop

平泉澄

“日本国を今日の混迷より救うもの,それは何よりも先に日本の国体を明確にすることが必要であります。而して日本の国体を明確にしますためには,第一にマッカーサー憲法の破棄であります。第二には明治天皇の欽定憲法の復活であります。(中略)憲法の改正はこれを考慮してよいと思います。然しながら改正といいますのは,欽定憲法に立ち戻って後の問題でありまして,マッカーサー憲法に関する限り,歴史の上よりこれを見ますならば,日本の国体の上よりこれを見るならば,改正の価値なし,ただ破棄の一途あるのみであります。”
(平泉澄『先哲を仰ぐ』(錦正社,H10)329頁以下,常用漢字及び現代仮名遣いに変更して引用)

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。