右派弁護士の備忘録

世界文化に対する過去の日本人の態度は、自主的にして而も包容的であつた。我等が世界に貢献することは、たゞ日本人たるの道を弥々発揮することによつてのみなされる。国民は、国家の大本としての不易な国体と、古今に一貫し中外に施して悖らざる皇国の道とによつて、維れ新たなる日本を益々生成発展せしめ、以て弥々天壌無窮の皇運を扶翼し奉らねばならぬ。これ、我等国民の使命である。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

理論

菅原理論
占領軍は憲法改正又は制定権を有しない。
ただ、占領中の期限付き占領管理法制定権はある。
帝国憲法改正は占領管理法改正に読み替える。
占領管理法は占領終了で失効。ただし、法的安定性のため、無効確認まで有効とし、また、無効確認から将来的に無効となる、との解釈。


相原理論
あくまで帝国憲法改正は憲法改正。占領管理法とかに読み替えない。絶対的に=何らの国内法としての効力なしとの点で、無効。
ただ、法的安定性のため、行政法の公定力の考え方を流用し、占領憲法も無効確認まで有効と推定されるとする。無効確認の効果は将来効か。厳密に言えば、占領憲法の有効性というより、帝国憲法改正の有効の推定か。無効確認はこの推定を破り将来的に改正が無効であることを確定させる。
無効確認までは帝国憲法改正が適法ないし有効であると扱われるので、法的安定性が図られる。


竹花理論
事実から憲法を定義する。強制力の最高性がなければ、憲法ではない。占領中、憲法は占領軍の意思であった。従って、帝国憲法は憲法としての性格を失った。占領終了後、日本国憲法が強制力の最高性あるものとされている。これは、憲法としての黙示の承諾又は自主憲法制定までの基本法としての黙示の承諾である。


小山理論
菅原理論に近いか。ただ、井上の推定理論を持ち出す。もっとも、憲法として推定するのか、占領基本法として推定するのか、今一つ読み取れず。


私見
竹花理論を除き、改正無効は共通。ただ、法的安定性のため、無効確認まで改正有効として扱い無効確認から改正無効とする、あくまで改正としては無効としつつ占領基本法制定に読みかえ失効しているはずだが無効確認までは以下略、あくまで改正としては無効としつつ占領基本法に読み替えただ無効確認まで改正有効として以下略との特別の解釈をとる。
なお、竹花理論は、事実に忠実であるが、だからといって占領軍の帝国憲法の改廃を有効にはできない。
結局、改正無効=改正前の帝国憲法現存を前提に、法的安定性を図る特別の解釈を試みる理論であった。
しかし、法的安定は、解釈以外にも可能なはず。帝国憲法の中に、


つづく
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。