右派弁護士の備忘録

世界文化に対する過去の日本人の態度は、自主的にして而も包容的であつた。我等が世界に貢献することは、たゞ日本人たるの道を弥々発揮することによつてのみなされる。国民は、国家の大本としての不易な国体と、古今に一貫し中外に施して悖らざる皇国の道とによつて、維れ新たなる日本を益々生成発展せしめ、以て弥々天壌無窮の皇運を扶翼し奉らねばならぬ。これ、我等国民の使命である。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

司法修習生の法的知識

は、司法試験受験者にはるかに劣っている。仕方ない。実務で必要な知識と司法試験に必要な知識は、大きく隔たっているのだから。実務修習を通じて感じるのは、とにかく証拠と事実認定が全て、ということ。法解釈なんて、ほとんど出てくる余地がない。確かに、判例や学説を調べる場面もある。しかし、それはその都度調べればいい。問題は、事実だ。
どの証拠から、いかなる事実を認定するか。直接証拠があるならその信用性、間接証拠があるならそこからの間接事実の認定、推認力の検討。それが全て。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。