右派弁護士の備忘録

世界文化に対する過去の日本人の態度は、自主的にして而も包容的であつた。我等が世界に貢献することは、たゞ日本人たるの道を弥々発揮することによつてのみなされる。国民は、国家の大本としての不易な国体と、古今に一貫し中外に施して悖らざる皇国の道とによつて、維れ新たなる日本を益々生成発展せしめ、以て弥々天壌無窮の皇運を扶翼し奉らねばならぬ。これ、我等国民の使命である。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

押し付け憲法論

http://www.asahi-net.or.jp/~MI6M-FRYM/kenpou/cons_2

の記事引用。

『いわゆる「押しつけ憲法論」について

 現行憲法はGHQが提示したものの直訳であるなどという極端な主張ではなくとも、占領軍の押しつけによってできたものだから、改正すべきだとする論議があります。

 結論から先に書くと、こういう議論のほとんどは不毛なものです。それは、なぜか?

 それは、現行憲法の現在の問題を取り上げるのでなく、過去の問題を取り上げているからです。過去にのみ拘泥し、現在の問題を取り上げない社会制度論議は、不毛なものにならざるを得ないのです。

 ある憲法の解説書にこんな意味の言葉がありました。「押しつけを理由に現在の憲法を非難する人々は出生の事情を問題にしている。しかし、憲法がどのように育ったかこそが問題なのだ」というようなものと記憶しています。

 あらためて、あなたに、お尋ねします。

 あなたは、出生の事情で、その人の価値を判断する人ですか?

 あなたは、部下の出身大学がどこかということだけで、部下の仕事に対する能力を判断する人ですか?

 それとも、その人がどのように生きてきて、いまどのようなパーソナリティを持っているか、あるいは何を大学で学び、どのような仕事のキャリアを経て、現在はどのようなスキルを持っているか、そういうことこそが大切なのだと考える人ですか?

 あなたは、どちらでしょう?

 「氏が大事」派ですか、「氏より育ち」派ですか?

 「学歴尊重」派ですか、「実力尊重」派ですか?

 あなたが「いま」が大切なのだと即座に答える人ならば、「押しつけ憲法であるから改正すべきだ」という「押しつけ改正論」を支持することはないと思いますが、いかがでしょうか。』


憲法無効論は単に過去の問題を云々しているに過ぎないという、馬鹿野郎の議論の一端。憲法無効論こそ現在の問題を論じているんだよ、クソが。

たとえば、憲法改正について、何故占領憲法の改正要件に基づいて改正しないといけないの?おかしいでしょ。今の憲法が一字一句正しいと妄想してるなら、帝国憲法を占領憲法と同じ内容に改正するように運動すればいい。

それに、比喩がいやらしいねえ。僕は学歴より実力重視です!氏より育ち重視です!ですって。確かに、占領憲法有効論は、実力重視。今の占領憲法だって、自衛隊がクーデターをおこして破棄して帝国憲法を復活したら有効と考えるんだから。シナ人がチベット人に実力で押し付けた憲法も有効。帝国主義的、反立憲主義的発想の最たるもの。占領憲法は育ちも悪いしねえ。拉致事件の真犯人だし。

もう一回言っておく。憲法無効論は現在の問題を論じている。どの憲法を改正すべきなのか。占領憲法か、帝国憲法か。占領憲法を不魔の大典として信仰の対象にするから、こういう発想になる。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。