右派弁護士の備忘録

世界文化に対する過去の日本人の態度は、自主的にして而も包容的であつた。我等が世界に貢献することは、たゞ日本人たるの道を弥々発揮することによつてのみなされる。国民は、国家の大本としての不易な国体と、古今に一貫し中外に施して悖らざる皇国の道とによつて、維れ新たなる日本を益々生成発展せしめ、以て弥々天壌無窮の皇運を扶翼し奉らねばならぬ。これ、我等国民の使命である。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

帝国憲法大意を読み解く1

清水澄博士の帝国憲法大意を二回通読したので、これを読み解く記事を書いていきたい。清水澄博士は、枢密院議長であり、帝国憲法改悪に抗し、国体護持を祈念するため、自決なされた真の愛国者である。その著作に帝国憲法大意があり、これは一般大衆に向けた入門書のようなものである。
憲法の基本書といえば学匪芦部の憲法(例によって岩波から出版)が思いつくが、そのようなゴミは捨てて、真の憲法学を学ぼう。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。