右派弁護士の備忘録

世界文化に対する過去の日本人の態度は、自主的にして而も包容的であつた。我等が世界に貢献することは、たゞ日本人たるの道を弥々発揮することによつてのみなされる。国民は、国家の大本としての不易な国体と、古今に一貫し中外に施して悖らざる皇国の道とによつて、維れ新たなる日本を益々生成発展せしめ、以て弥々天壌無窮の皇運を扶翼し奉らねばならぬ。これ、我等国民の使命である。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

下位合格体験記(4)

4.まとめ

 短答のおかげでナントカ合格圏内に踏みとどまった感じではある(笑)。短答の比率は下がってるけど、やっぱり短答を重点的にやって良かったかなと思う。僕のように基本的知識の怪しい人間は、まず基本的な知識を固めることに集中すべきであり、その教材として短答はもってこい。基本書のベタ読みで問題が解ける高スペックな人間もいるにはいる。だが、僕はそんな人間ではない。自分の低スペックさに気付き、短答を解きまくって基本的知識を身に付けたことは、論文にマジで役に立った。正確な知識は、やはり問題を解く過程でしか身につかないのだろうと思う。
 論文は、この知識を基礎に、基本的な論証を暗記し、答案の型を自分の中で確立できれば、少なくとも落ちないレベルの答案は書ける。民訴は、基本的な定義もきちっと暗記しよう。そうすれば、なんの面白みもない金太郎飴答案が出来上がり、合格する。結局、ローは、合格に全く役立たなかった。


ローの学者様。
司法試験がアンタの作った基本書を読んだだけで解けるってんなら、
まずは、その幻想をぶち殺す!!


(終わり)
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。