右派弁護士の備忘録

世界文化に対する過去の日本人の態度は、自主的にして而も包容的であつた。我等が世界に貢献することは、たゞ日本人たるの道を弥々発揮することによつてのみなされる。国民は、国家の大本としての不易な国体と、古今に一貫し中外に施して悖らざる皇国の道とによつて、維れ新たなる日本を益々生成発展せしめ、以て弥々天壌無窮の皇運を扶翼し奉らねばならぬ。これ、我等国民の使命である。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

短答過去問-読むべきか解くべきか

過去問を読むべきか、解くべきかについて、議論があるようだ。「解く暇があったらドゥンドゥン読め!」とか、「自分の頭使って解いてから、答え見ないと実力つかないぞ!」とかの類の議論である。井藤公量先生(P&Cの人)の本とか、色々な予備校の先生の勉強法の本を読んだ人の間で、しばしばなされる議論である。

私は、両方正しいと思う。八方美人ではない。勉強の「段階」による、という事である。初めて短答過去問に取り組む際、私は、まずは問題を解くのではなく、読む流すことをオススメしたい。私の経験から申し上げると、入門講座を聞いただけでは、解けるまでに知識の程度が達していない。ただ、しっかり読めば、ある程度過去問の解説の内容が理解できる、という程度にはなっている(それすらも怪しいのが普通である。)。したがって、解いても間違いだらけで反対にやる気を喪失してしまう。逆に言うと、入門講座を聞いた後、過去問を解いて、ある程度正解できるのであれば、あなたは低スペックではない。私のブログを読んでも意味がないので、とっとと出て行きやがれ(笑)!

まずは、しっかり過去問を一周しないといけない。これは、時間がかかる。そのため、「解いている暇はない!嫁、じゃない、読め!」という話になる。しかし、いつまでも読んでいるワケにはいかない。本試験では自分で解かないといけないんだから。そこで、読み込みで二周くらいした後(人によりけり。なかなか一回ではワカラン、という人は二周くらいは読み込みしてもいいだろう。)、解くべきである。この段階にある人には、「いつまでも読み込んでたら駄目だ!自分の頭で考えて解くのだ!」と助言することになる。結局、読むべきか、解くべきか、これは、自分の勉強の段階によって異なる。過去問初心者に「解きなさい」というのは間違いであるし、過去問をある程度通読した人に「読みなさい」というのも間違いである。

また、単に読んでいく、解いていくのが苦痛な人も居るだろう。何せ七科目あるのだから(三科目に削減する話もあるが、これについてはまた別の機会に述べよう。)。この場合は、何か短答の知識を解説する講座をとって、一回分を聞く→その範囲の過去問を読む、解く等というように、ペースメーカーとして利用するのもオススメだ。ほんとに司法試験の勉強は、修行みたいで辛いが、これを耐えてこそ実力が向上する。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。